カーセンサーについて

カーセンサーは、ご存知ですか?カーセンサーとは、相関が1984年にまで遡ることのできる日本の中古車情報誌のことです。カーセンサーはリクルートが発行しており、月刊、もしくは隔週刊で販売されています。当初は、A4サイズでしたが、その後、掲載する情報量も増えてきたために、B5サイズとなりました。2008年のリニューアル以降はA4サイズにまた戻っています。

カーセンサーは「クルマが欲しくなる、欲しいクルマが見つかる」をコンセプトに販売されています。
カーセンサーは、リニューアル版では、さらに大きく見やすくした誌面によって自動車の魅力をとことん追求しています。具体的には、自動車の整備の実施や、自動車の補償の有無など、自動車購入の際に気になるポイントを分りやすく誌面に掲載しています。

カーセンサーは、1984年に創刊された中古車情報誌です。コンセプトである「クルマが欲しくなる、欲しいクルマが見つかる」通り、2007年にはリニューアルされさらに自動車に関する情報量を増やすと同時に車の魅力や、自動車に関して気になるポイントを追求しています。

zp8497586rq

カーセブンについて

カーセブンは、東京都中央区に構えている自動車の小売、買い取りのフランチャイズチェーンを運営している会社です。平成11年に設立されました。

自動車の売り買いをもっと楽しくしたいという声の下に、登場したのがカーセブンです。

カーセブンは、メーカーや新車・中古車問わず、自由に自動車選びを楽しめるようなシステム開発しております。そして、コスト削減の方にも熱心で、自動車流通業界のノウハウに基づき、自動車の仕入れから販売まで、様々なプロセスで発生しやすい中間コストを出来るだけカットしています。
また、カーセブンでは基本的なサービスはもちろんですが、ローンや保険等の販売などの金融サービスや用品販売まで、これまで買取業者には無かったサービスを開発し提供している会社です。

カーセンサーは東京で活動している自動車買取フランチャイズ事業を手掛けている会社です。カーセンサーは独自の流通システムと徹底的な流通業界における中間コストの削減を実現させています。また、これまでに自動車買取店にないサービスなども手掛けており、日々成長している会社となっております。

zp8497586rq

寒冷地は大きな車が良い?

bentu

寒冷地では、結構滑ることが多いです。そして、その原因として車の車輪に十分な摩擦が出来ていないから滑る場合が在るでしょう。だから、大きな車などは軽自動車よりは滑りにくいでしょうね。ちなみに、間違って欲しくないのが、どのような状態や車の性能でも、滑る時は滑ると言うことを覚えておいてください。

寒冷地で最も注意しないといけないのが氷や雪です。これらによりスリップを起こすことが多いでしょう。しかし、それを防ぐ方法がありまして、それがタイヤとの摩擦を増やすことです。コレによりスリップを防ぎやすくすることができるでしょう。だから、車体が重たい大型車は比較的滑りにくいと言うことになります。

もちろん、注意していれば軽自動車でもスリップせずに走行することができるでしょうが、摩擦熱が少ないとスリップする要因になるので注意してください。ちなみに、結構摩擦熱が少ないと、発進時に滑ったり、停止直後に思った以上に滑ったりする場合がありますので、注意しましょうね。

このように寒冷地では、比較的大きな車が良いです。しかし、あくまでも滑り難いと言うだけで、滑らないわけではありませんので注意してくださいね。あと、運転によってもスリップを起こすことがありますので、慎重に運転をしましょう。

zp8497586rq

寒冷地はスリップに注意

寒冷地で運転をする場合、一番注意して欲しいのがスリップです。これには絶対に注意しましょう。
寒冷地の冬は基本的に雪や氷がある道です。無いところもありますが、普通に車の少ないところは雪が積もっているは、路面が凍っているはで、とても大変ですね。そのようなところは、相当運転が難しくスリップをしてしまうともう何も出来ないに状態になるでしょう。だから、スリップには注意してください。

 
スリップをするタイミングとしては、凍っているところにタイヤが滑ってしまう状態です。車を停止させる時などに起こりやすく、特に信号待ちするところが非常に滑るでしょう。だから、無闇にスピードを出して、急停止しないようにしてください。そうでないとかなり活きよいよく滑るでしょうね。

 
寒冷地仕様の車でも滑る時は、かなり活きよいよく滑るでしょう。だから、注意して走行しないといけません。特に凍っていると判断できるところは、低速で移動することをオススメしますね。間違ってもスピードを出して冬道を走行しないようにしてください。

 
このように、寒冷地ではスリップに注意しないといけません。これを注意しておかないと大変な事故になるので注意しましょう。ちなみに、上記でも少し触れましたが、どのような装備でも滑る時は滑るので注意してくださいね。

 

 

 

寒冷地では4WDが良い

寒冷地であれば4WDがオススメですね。
4WDは皆さん知っての通り、4輪全てを仕様した車の仕様でしょう。4つの車輪が全て動くことによりかなり馬力になりますね。坂道などもスイスイと進めることができるでしょう。そしてこの4WDは、雪道や氷道に対しても有効になっているのです。先程説明したように4輪全てが起動しているので、雪道や氷道でもうまく走行することができるでしょうね。また、スタッドレスタイヤにすることで、滑らず走行することが出来るのでとても良いでしょう。だから、寒冷地で4WDは良いですね。ただし、4WDにすることで相当値段が高くなるので注意してください。ただでさえ、寒冷地仕様の車は値段が高いのに4WDにするとそれなりにするので注意しましょう。

 
寒冷地でも、4WDにしないといけないわけではありません。普通に2WDでも問題なく走行することができるでしょう。まあ、滑る確率が多少上がる程度なのでよく考えて行動してくださいね。
このように寒冷地では、4WDの車がオススメです。これを使いこなすことで、比較的滑らずに冬道を走行することができるでしょう。冬道の峠などは相当滑る上に急なので注意しないといけません。ですが、4WDなら走行することができるでしょうね。

 

 

 

なぜ寒冷地仕様の車にしないといけないか

寒冷地でなぜ寒冷地仕様の車にする必要があるかと言うと様々な理由がありますので、よく考えて行動してくださいね。

 
寒冷地は、その名の通り寒い地域です。冬場は相当冷える上に、場合によっては凍ってしまうでしょう。このような地域に適した車が寒冷地仕様の車です。そして、なぜ普通の車ではいけないかというと、まず一つ目に通常の車だと耐えられない寒さが在るからでしょう。もちろん、現在の技術で普通の車でもある程度なら耐えることができますが、下手をすると車の中にあるバッテリー、エンジンなどの部品が凍結することがありますので、注意しないといけません。そして、寒冷地仕様の車なら、それらの問題を解決することができるでしょう。

 
次に、暖房システムです。寒冷地は、上記でも説明したようにとても寒いですね。故に、普通の暖房だと寒さに耐えられない場合が在るでしょう。だから、寒冷地仕様にして快適な運転をするようにしたほうが良いですね。まあ、これに関して言えば無くても平気と言う人が居ますので、よく考えてください。
そして、最後に寒冷地仕様には防錆性が在るからです。防錆性が無いと、雪水などで車の中や外が錆びつく可能性が出てくるでしょう。錆びると大変危険なので寒冷地仕様の車にした方が良いのです。

 

このように寒冷地仕様でないと寒冷地だと走行できない場合が在るでしょう。よく考えて行動するようにしてくださいね。

 

 

 

寒冷地仕様のデメリットについて

寒冷地仕様の車は、寒冷地のような寒い地域で活躍する車です。しかし、この車にもデメリットが存在しているので注意してください。

 
寒冷地仕様は、あくまでも寒い地域で活躍できる車です。故に、寒い地域には強く路面などが凍結していようが、周りの気温がマイナスになっていようと問題なく走行可能となっているでしょう。しかし、あくまでも寒い地域で活躍できる車なので、暑い地域だとデメリットが発生することがあります。

 
基本的に寒い地域ようの車なので、車の中が壊れないようにするために熱を持続させる性質があるため、寒い地域でも問題なく走行できるのですが、その逆の温かい地域で走行することに問題があります。基本的に温かいところは冷却装置なりで、温度を低くしているのですが、寒冷地仕様の車は、それが若干弱いですね。故に、かなり暑い日などはオーバーヒートをする場合がありますので、注意してください。と言っても、現在の技術である程度なら温かい地域でも仕様することが可能になっています。ですが、本当に猛暑のところではこのようなことがありますので、注意してくださいね。

 
このように寒冷地仕様にもデメリットがあります。注意して使うようにしてください。そうでないと大変なことになるでしょう。

 

 

 

レンタルで寒冷地仕様の車

hedlight400

 

寒冷地ならレンタカーも寒冷地仕様の車になっているでしょう。だから、寒冷地で車を走らせる場合はレンタルが良いですね。

 
寒冷地は、普通の車で走行するにはとても厳しい状態にあります。夏場などは問題ないでしょうが、冬場などは普通の車で走行すると結構大変なことになるので、注意しないといけません。特に注意して欲しいのがバッテリーなどで、下手をすると走行中に壊れる場合がありますので、注意しましょう。しかし、寒冷地仕様なら問題なく走行することが出来るので、そちらを利用するのが良いです。ちなみに、他にも暖房やワイパーなどで不自由を強いられる場合がありますので、よく考えて行動してください。

 
基本的にレンタルの寒冷地仕様の車を手に入れるならレンタルショップに行って借りれば良いですね。寒冷地なら問題なく借りることができるでしょう。その時にオプションなどを決めることができる場合がありますので、その場合はしっかりと確認してレンタルするようにしてください。場合によっては、そのオプションが在ることで良い場合もありますので、注意してくださいね。

 
このようにレンタルで寒冷地仕様の車を借りることができるでしょう。わざわざ購入する必要がありませんので、レンタルを仕様して走行するようにしてください。

 

 

 

寒冷地でとても寒くなりたくないなら

寒冷地を甘くは見ないで欲しいですね。同じ日本でも寒冷地である北海道などは、冬場はとても寒いでしょう。ですから冬に普通の車で行くと大変なことになるので注意してください。

 
寒冷地の寒さは、通常の日でもマイナスになるレベルの寒さになります。かなり厚着をしていても、寒い時は寒く寒冷地に慣れていない人は、相当厳しい環境になるでしょう。そのようなところで普通の車を仕様するのはあまりオススメしません。まず何よりも暖房が、全く効き目が無い場合があります。一応普通の車でもそれなりに暖房の効果はありますが、寒冷地仕様の車と比べると全くもって威力が弱いでしょう。だから、車内で寒い思いをしたくないなら寒冷地仕様の車にすることをオススメしますね。ちなみに、普通の車だと暖房以外にも問題が発生する場合があるので、注意してください。

 
寒冷地仕様の車は、暖房が上下に2つ在るのが多いです。全ての寒冷地仕様の車に配備されているわけでありませんが、最低でも暖房の威力が普通の車よりも強いでしょう。だから、寒冷地でも普通に暖かくすることができます。
このように、寒冷地はとても寒いため、通常の車で走行することをオススメしません。レンタルなどを利用して寒冷地仕様を使ったほうが良いでしょうね。

 

 

 

寒冷地以外でも活躍

寒冷地仕様の車は、実は寒冷地以外にも役立つことがあります。

寒冷地は、基本的に冬場は雪が振り、とても水分が多く存在しているでしょう。だから、通常の車だと雪により錆びてしまうになります。しかし、寒冷地仕様の車は防錆性に優れており、雪による水分で錆びることは殆ど無いでしょう。だから、とても錆に強い仕様となっています。そして、この錆に強いと言うのが他の地域にも役立つことがあるでしょうね。

 
海などが近い地域となると、海からの塩などで車が錆びます。この錆が原因で事故などが多発することが多かったのですが、寒冷地仕様の車が在ることで、錆になること無く走行することができるようになりました。故に、海の近い地域は寒冷地仕様の車を求める人が多いでしょう。そして、海の近いといえば沖縄などの島国ですね。錆に強いの、寒冷地ではない沖縄などにも、この寒冷地仕様の車を求める人が多いでしょう。ちなみに、あくまでも錆難くする程度なので、メンテナンスを怠ると錆びる可能性があるので注意してください。
このように寒冷地以外での寒冷地仕様車が使われるようになっています。錆が気になる人は、寒冷地仕様の車を求めるのも良いでしょう。ちなみに、防錆性が薄い場合は、防錆塗装をすると良いですね。