スタッドレスタイヤとは?

スタッドレスタイヤとはタイヤの一種で、自動車が氷によるスリップを出来るだけしないようにするタイヤです。雪道などを走る時などこれを使用していないとスリップ率がかなり高く、下手をすると大事故になるので冬にはこのスタッドレスタイヤを使用しないといけません。まあ、雪が降らないところでは使用しなくても良いですね。

このスタッドレスタイヤは、氷との摩擦係数がとても低く、普通のタイヤと比べるとかなり滑りにくいタイヤでしょう。昔などはスパイクを車に装着して冬道を乗り越えましたが、それだとスパイクにより道が削れたり、タイヤのパンクを出したりすることが多かったので、スタッドレスタイヤができました。基本的に雪が降り出す前にタイヤの交換をして置くのが理想形で、雪が降りだしてからこれに変えるといろいろ面倒なことが在ったりするので早めに変更してください。

スタッドレスタイヤは、良くCMなどで説明しているように表面の溝がポイントです。この溝により摩擦係数を極端に減らしているので滑りにくい状態にするのです。
このようにスタッドレスタイヤがありますので、冬の雪が到来する前に変更しておきましょう。ちなみに、ずっとスタッドレスタイヤにしておけば良いように思えますが、スタッドレスタイヤタイヤはハイドロプレーニング現象にかなり弱く滑りやすくなるためオススメできません。

zp8497586rq